バナースタンドを製作するには

バナースタンド製作とは?を解決

最小限の表示にとどめて消費者に嫌われないおすすめののぼり

自宅にいても街中へ出かけても我々は毎日大量の宣伝広告物を見せられていますが、殆どが自分に関係ないこととして目に入ったとしても一瞥しただけで、その情報の殆どは脳裏から消え去っています。中でも、首都圏のような大都市に住んでいると物やサービスを販売する側の競争が激しくて他店より少しでも消費者とのコミュニケーションを取ろうとするので、消費者にビラやチラシなどを配るわけです。

しかしながら、チラシ類を手にしても殆ど目にも入らぬ宣伝広告内容が多くてそのままゴミ箱行きであることが実態です。この点で、建物に設置された看板やネオンサインあるいはのぼりのように消費者の目につきやすい場所を選んで、かつ、社名や商品名程度の分かりやすい言葉だけ表示してある方が余程インパクトを与えるのではないかと思います。もちろん、これらの広告宣伝媒体も繁華街のような場所に競い合うように林立していれば、消費者が歩いていたり、走りながら、あるいは車窓から一見しても脳裏に焼きつくことが少ないかもしれません。どちらにしても、のぼりは単一の固有名詞や単純な表現で、消費者が一見しただけでも読み取れる内容になっていることが多いので、販売側の消費者とのコミュニケーションは取れていると思います。販売側は派手で気を引くような絵や文字を書き連ねたチラシ類を繰り返して印刷し、消費者から一瞥されただけで嫌われる程にゴミ箱行きになっている実態をもっと考えた方が良いのではないでしょうか。のぼりの使い方で消費者や見る者にインパクトがあり、嫌われないおすすめののぼりはスポーツや文化的行事など、催し物のタイトルと開催日時や会場を大きく表示して道路脇などに並べられている場合だと思います。探している者にはほっとする感じを与えるものです。

例えば、正月恒例の東京~箱根間往復大学駅伝を毎年、さる中継所に応援に出かけますが、走者が走りながら各大学名だけののぼりを目にし、苦しい息切れのさなかに自分の学校名ののぼりを見つけていかばかりか元気づけられているだろうかと思いを馳せて見物しています。お陰で、自分は出場校と何の関係もあるわけでなくても走者や出場校に思いを馳せることがあり、のぼり表示の意義が十分に達せられているというべきではないでしょうか。苦労の末、どぎつくて派手な文章や絵を書き連ねても嫌われて廃棄されるチラシ類と単純明快な表示のみにとどめて必要なら連絡先を記載するだけで喜ばれるおすすめののぼりの双方について宣伝広告媒体に感じるこの消費者の意識の違いを販売者側は察知したほうが良いと言いたいのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*