中古冷凍車は点検しているので安心です。

冷凍車はどちらかというと業務として役立つものです。事業内容の展開に勢いがある業種ですと大量にそのような車種を手配します。中古を選択する場合もあるはずです。しっかりと点検されているので安心しましょう。生活が快適になります。ひとつひとつの行動に重さが加わりますのでそのようなものでも耐えられる設備に私たちは期待します。コンテナに乗る台車もきっと頑丈なはずです。大きさではなく品質にこだわりがあります。運転席も広々としていることで落ち着きます。仕切りがあると好印象です。深夜業務のかたもいらっしゃいます。なので倒すとベッドのようなものになるとちょっとした休憩に役立つものです。長距離ドライバーにやさしい車種を目指していきましょう。生活空間のようなアピールが必要だと思われます。小さいトイレなどがあると気楽です。

使い方が少ないのであれば、冷凍車の中古は経済的

冷凍車を朝から晩まで使うところは、新車に乗るのがいいと思います。しかし、商売によっては、それ程の時間この車を使わない商売もたくさんあります。一日、せいぜい3時間程度しかつかわないという仕事もたくさんあります。そのような場合、中古を買うほうが経済的だと思うのです。冷凍車は普通のトラックに比べると、冷凍機の分高くなります。だから、新車を買ってもそれ程使わないのであれば、元が取れない可能性があるのです。中古なら新車に比べるとかなり安いですから、それ程乗らなくても元が取れます。トラックは、エンジンが強いです。だから、古くてもエンジンはまったく問題がないと思います。問題は冷凍機です。これは年数が経つと冷えが悪くなります。しかし、古いものであっても、販売される時には、修理がしてあるので、それ程乗らないのであれば問題はないと思います。

冷凍車の中古は遠方回りに使っています。

私の会社では、遠くまで冷凍品を運ぶ仕事は、中古の冷凍車を使っています。しかし、都市部でたくさんの店に運ぶ場合は、新車を使っています。それは逆ではないのかと思う人が多いようですが、冷凍機の問題があるからです。古い冷凍車は、どうしても新車に比べると冷えが悪いのです。ところが長距離を走る場合は、冷凍機が古くても問題がないのです。よく冷えるのです。しかし、都市部は、新しい冷凍機でないと冷えないという問題があり、都市部は新車で回るようにしているのです。トラックは、エンジンが強くできているので、20万キロ程度走っていても何の問題もありません。問題になるのは冷凍機なのです。冷凍機は、古くなると、冷えが悪くなります。これは、汚れの関係ではないかと思うのです。エアコンでも古くなると、冷えが悪くなりますが、それと同じです。