のぼりとその過去の歴史について

のぼりと聞くと、日常でもよく目にするものだと思います。その例としてはお祭りの際はもちろん、新商品や店名、政治の選挙活動などです。そのため、のぼりの役割としては催し物などの目的となるものの告知と言えます。のぼりの多くは布などに文字やイラストが印刷されて、竿に通して高くかかげられます。またそのようなのぼりは簡単に低価格で個人などでも購入することができますし、自分オリジナルのものを作るということも可能なようです。のぼりを使用することで店頭にも活気が出て、キャンペーンとなっているものなどが他の人に分かりやすく、お客さんなども入りやすくなります。そういった今では日常でごく当たり前に使用されているのぼりですが、それにも歴史がきちんとあります。過去、それは戦国時代にまでさかのぼり、戦国の武将たちが自分自身の存在をそこに示すために使用していたとされています。またそれ以前の平安時代から使用されていたという説もあります。

敵か味方かということをはっきりと大きく目立つようにすることが重要だったのではないかと思います。そのような時代から現代に至るまで様々な人に形を変えながら愛用されてきたのぼりには多くの歴史があったのです。戦国時代、戦いの場で敵か味方かの判断を明確にしたり、お互いの強さというものを誇示する役割さえあったであろうのぼりは、現在大きく使用される意図は変わりました。しかし、それでも何かを伝えるためにじっとそこに高くかかげられているのぼりは人を惹きつけるという役割と魅力を持ち続けているように思います。特に動くわけでもなく、じっとそこで何かを伝えるという不動のものですが、大変魅力的だと思います。のぼりは何と言っても目立つということが重要です。いかに目立ち、人々にインパクトを与え、惹きつけるものがあるかということが最も大切だと思います。

そのためには、色々と細かく記載したりせず単純に伝えたいと思う分かりやすい一言を強調するのが一番ではないかと思います。現在の社会では人々は慌ただしく、止まることなく流れるように歩いています。そんな中でものぼりに興味を持ってもらうためにはやはりインパクトが重要なのです。後から思いだし、ついつい店に行ってしまうような内容がいいと思います。そのため情報をいかに正確に分かりやすく伝えるということを意識して、のぼりを作ることや意識して見てみるということがいいかと私は思います。